<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 古長禅寺にて大井夫人のお墓参り | main | 遠光寺にて加賀美次郎遠光のお墓参り >>

浅利与一のお墓参りと銅像拝見!

古長禅寺で信玄ママン大井夫人のお墓参りをした後は中央市にあるシルクの里公園へ。
戦国武将じゃないけど、甲斐源氏つながりで浅利与一のお墓参りと銅像を見ようと思って!

まっしぐらだった瞬間


養蚕が盛んだったことにちなんで名づけられた公園には資料館や温泉もあるみたい。
だけどワタクシは用ナッシング! 上の駐車場前にある浅利さんの墓めがけて突進!

あっと言う間だった瞬間


舗装された坂をちょろ〜と下れば、すぐに右側の与一さんの墓所が見えてきます。
著しく体力のないワタクシですら、息が上がる間もないほどホントにすぐw

厳かめだった瞬間


木立の中に佇む浅利さんのお墓。案内板には「浅利与一公の層塔と五輪群」とあります。
平安末期から鎌倉初期に作られたと推察されていて、全国的に有数なものなんですって。

安定感!な瞬間


奥まったような場所にありながら、花こそないけど手入れが行き届いています。

浅利与一は源清光の十一男として生まれ、元服して浅利郷を本拠地としました。
与一というのは十一男の通称で、浅利義成とか義遠というのが本来の名前です。

義経に従って壇ノ浦の戦いに参戦し、平家との矢合わせに勝って武名を上げ、
那須与一、佐奈田与一とともに、弓の名手「三与一」として称えられます。
鎌倉御家人として頼朝、頼家2代に仕え、承久3年(1221)9月7日没。享年73歳。

よそ見しつつ合掌の瞬間


お墓の左右に背の順でズラッと並んでる五輪群が何だかかわゆいのよw
与一さんも鎌倉武士らしい骨太で潔ぐ浮ついてない印象ですごい好ましい!

鼻息が荒い瞬間


お墓参りをしたら必ず公園に寄って、銅像もセットで見ないといけません。
公園正面入口に移動して突撃! 与一さんは噴水の中のお立ち台にいましたw

かぶりつきの瞬間


小学生らが丘の上から銅像に絡みつくワタクシを超〜見てる。気にしないけどw
壇ノ浦での一幕をイメージしてるのかな。かなりイケてる感じの銅像だと思う!

ちなみに与一さんの嫁サマ、板額御前も百発百中の弓の名手でした。

板額御前は鎌倉幕府に謀反した城氏の娘で、反乱軍を率いて戦った女傑。
最後は捕虜として鎌倉に送られるんだけど、将軍頼家の前での堂々とした様子に、
惚れてしまった浅利さんは、頼家に「結婚したい!」と申し出るのです。

彼女との間に武勇に秀でた男子を儲けて幕府や朝廷に忠義を尽くさせたい!!

惚れた女は謀反人だもの。与一さんもここは相当きばったんだと思うよね。
そしてそれを笑って許した頼家も、へぇそういう懐の深さあるんだなってww

ときめく瞬間


与一さんの長兄は武田氏初代信義。浅利氏は室町時代には武田家の譜代衆となります。
武田信玄に仕えた浅利信種(三増峠の戦いで討死)は与一さんの子孫なんだって!

与一さんの弓矢を射る後姿が意外と素敵でw 見に来てよかった銅像でした。


 
さて次は甲府市内に移動して、引き続きガツガツ武田史跡めぐりよ。


遠光寺にて加賀美次郎遠光のお墓参り〜に続く


Writen by あも Love城! Go!名所旧跡



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  



2018.01.27 Saturday 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:04 | - | - | - |