<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 地蔵寺にて原大隅のお墓参り | main | 伊勢志摩「星たる」 >>

典厩寺にて武田信繁のお墓参り

地蔵寺と川中島古戦場史跡公園からの電撃訪問で典厩寺にやってきました。

武田菱がまぶしい瞬間


近くに来たんだから2度目だけど、やっぱり典厩信繁さんのお墓参りをしなくちゃね。

典厩寺は川中島の合戦で討死した武田信玄の弟、典厩信繁と、合戦で亡くなった
両軍6000人を弔い、供養したお寺。元は鶴巣寺と号し、合戦から60年後の元和8年、
真田信之の命で典厩の名を取って寺号が改められました。曹洞宗のお寺です。

少しオドオドしていた瞬間


駐車場もガラガラだなと思ったら、なんと今回は受付も無人だった(*°∀°)=3
声をかけたけど誰も出てこないので、お皿の上に拝観料200円を置いてさっそく中へ。

まっしぐらな瞬間


急ぐので日本最大の閻魔様はスルーして、典厩信繁公くび清めの井戸へ。
兄の信玄を守って37歳で討死した信繁さんの首を奪い返してきて、
井戸で丁寧に清めた後、葬って塚を築いたと伝わっているそうです。

萌え萌えな瞬間


武田の「風林火山」、上杉の「毘・龍」の旗が掛けられた本堂。
こうして並ぶと両将の気質や考えってあらためて対照的なんだなって。

前のめる瞬間


信繁さんのお墓は本堂の先。案内も出ているのですぐ分かります。

典厩信繁は武田信虎正室大井夫人との間に生まれた次男で、信玄の4歳違いの弟。
智勇に優れて人望もあることから寵愛した信虎が跡継ぎに考えたほどの人物でしたが、
兄信玄を慕い、信虎が追放された後は武田家副将として両国支配や軍事を補佐しました。

思い浮かべる瞬間


自然石を使った墓石と卒塔婆には「松操院殿鶴山巣月大居士」と書かれています。

永禄4年(1561)9月10日の第4次川中島の合戦で、窮地に陥った武田本陣を守るため
自ら槍を取って奮戦した末、壮絶な討死。信玄は遺体を抱き寄せて声をあげて号泣し、
信繁を慕った山県昌景も「惜しんでもなお惜しむべし」とその死を悼んだといい、
敵将上杉謙信も名将の死を惜しんだと伝わっているそうな。

時間ないのに小説のシーンを思い出してると長っ尻になっちゃうな(*°∀°)=3

心を込めて合掌する瞬間


こちらに埋葬されているのは胴で、首は信繁の子、信豊のいた小諸城に運ばれて、
その地に葬られているそう・・って全然ノーマークだったチェックしとこ!

お墓の隣にある五輪塔は右が典厩信繁、左が幸村の供養塔。

真田昌幸は典厩を理想の武将として、次男に信繁(後の幸村)と名付けたといわれ、
典厩寺は実兄の真田信之も関わっているからそういう縁で建てられたのかもね。

知性、温厚、品格、武勇・・どの小説を読もうとも典厩さんは好印象しかない!
どっしり濃い信玄の印象と対照的に、シュッとして端正で涼やかなイメージ特大。

食いついていなかった瞬間


お墓の隣にある「懐古の碑」は、明治39年(1906)に建てられた両軍戦死者の弔魂碑。
供養として右に上杉家の春日山城の石、左に武田家の躑躅ヶ崎館の石が置かれています。

「懐古」ってのは伊東祐亨元帥の命名で、東郷平八郎元帥や上村彦之丞元帥も
典厩公の尊霊に参詣し、宝物をご台覧されました・・・と書いてありましたw

相変わらずのカオスっぷりだった瞬間


で、元帥たちも見学した宝物が置かれてるのが川中島合戦記念館。
ホントに貴重なものがたくさんあるのに、無造作すぎて心配になる所w

写真は撮れないけど、典厩さんの兜や鎧の下着、愛刀が展示されてる他、
甲陽軍鑑が山積みでど置かれ、謙信の鉄扇とか原大隈の槍のさやとか・・
色々あるけど保存状態がよくないから残念だったり心配だったり・・



さて。これで完全に気が済んだから、急いで次に行こう!!
武田軍団として絶対にはずせない高坂昌信のお墓へ。

時間があってもなくても・・こりゃまた前のめりになっちゃうなww


明徳寺にて高坂昌信のお墓参り〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  


2018.04.19 Thursday 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 13:30 | - | - | - |