<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 長府毛利邸と毛利秀元の銅像を拝見! | main | 豊国神社にて豊太閤と清正公に参拝! >>

小谷丁野町にて脇坂安治の出生地探訪!

今回からしばらく「北近江の見逃し処をめぐってきた」シリーズをば。

まずは脇坂安治の出生地からスタート! 姉川古戦場小谷城を横目に見ながら
華麗にスルーして初志貫徹。いきなり脇坂さんから行くワタクシ、なんて潔いww

よどみすぎていた瞬間


小谷城跡前を通り過ぎ、国道をしばらく北上すると、ほどなく目印の看板を発見!
でもこの日は朝から雨・・・傘うっとうしいわ、写真映えないわで萎えています。

スーパーバックを覚悟する瞬間


車で行けるはずだけど、実際に来ると本当に大丈夫か不安なるような小道。
地味に距離もあるので、途中にも入口みたいに案内を置いたらいいのにな。

ホッとする瞬間


ぽっかり開けた空間に無事到着。車も停めれるし案内もあって人心地つくw
でも小谷山の麓なので、奥の方を見ると木が鬱蒼として薄暗くちょっと怖い。

イケイケだった瞬間


こちらでは脇坂さんが生まれた屋敷跡と産湯の池を見ることができます。

脇坂安治は天文23年(1554)、浅井氏家臣脇坂安明の子としてこの地に生まれ、
浅井久政・長政親子に仕えますが、浅井氏滅亡後は明智光秀の配下となります。

丹波黒井城攻めで降伏の使者として城内に乗り込んで城主赤井直正と対峙。
堂々とした振舞いを気に入られ、貂の皮で作られた槍の鞘を贈られたと伝わります。

その後、自ら頼みこんで羽柴秀吉の配下になると中国攻略や山崎の戦いに従軍し、
秀吉と勝家が戦った賤ヶ岳の合戦では「賤ヶ岳七本槍」に数えられる活躍をしました。

大事なことだった瞬間


ちゃーんと「七本槍ズ」の説明もありました。しっかりアピらないと、
清正や正則のインパクトが強すぎて、どうも影が薄くなりがちだから大事ねw

その後、安治は小牧長久手の戦いでも功を挙げ、洲本城3万石の城主になると、
淡路水軍を指揮して九州征伐、小田原征伐、文禄・慶長の役に出陣し手柄を挙げます。

秀吉の死後はひそかに家康に接近し、関ヶ原の合戦では西軍として出陣するも、
小早川秀秋が東軍に寝返ると、大谷吉継隊に攻めかかり東軍の勝利に貢献しました。

フロンティアスピリッツだった瞬間


こちらが安治さんが生まれたという屋敷跡の碑が立っている一角。
案内板には安治さんの生涯がダイジェストで説明されています。

合戦後は当初から家康に通じていたとして所領を安堵され、
後に伊予大洲5万5千石に加増。幕府に忠義を尽くしました。
しかし秀吉への恩から大阪の陣には参戦せず、子の安元に家督を譲ると
隠居して京で余生を過ごし、寛永3年(1626)、73歳で亡くなりました。

雑すぎた瞬間


ただポツーンと「脇坂甚内安治屋敷跡」と書かれた碑があります。
立地から浅井家臣だったことに納得するくらいで他はピンと来ませんw

そういえば脇坂さんって良くも悪くも気になる「何か」がないかも・・
真っ先に思い浮かぶのは関ヶ原だけど、とはいえ好きも嫌いも別になく・・・
親しみ込めてディスってるゴンベはやっぱ気になってるんだな(*°∀°)=3

イメージわかない瞬間


そしてこちらが産湯の池。当時はキレイな水が湧いてたんでしょうねぇ。
案内板によると、付近の住民から聖地として存続されてきたものだそうです。

激しすぎた瞬間


脇坂屋敷はこの立地・・・いやぁ福寿丸まで行くのも超〜難儀じゃないコレ!?
攻めづらいのは納得安心だけど、山の上まで出仕するとかだとマジつらい・・・。

急に怖くなる瞬間


ほら。熊だった出るそうですし・・って普通に出そうな雰囲気だもんね。
よし。特に妄想して二やつくこともないので、ここは早々に退散! 


近江牛を食べるため長浜市内に移動して、ぶらぶら開店時間を待ちますw


豊国神社にて豊太閤と清正公に参拝!〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  

2018.07.28 Saturday 08:47 | comments(2) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2018.11.16 Friday 08:47 | - | - | - | 
あも (2018/07/31 7:36 PM)
南行さん こんばんわ!

小谷城に登る時間はないけど、姉川は少し迷いました。
でも雨だったのが幸い?して初志貫徹でした笑

たまに出張あってもほんとに弾丸なんで、でも次は念の為カメラ持参はマストにします(*´艸`)

南行さんみたいに鹿児島…といわず、次は福岡でもいいから九州に出張ないかな&#12316;
南行 (2018/07/29 9:57 PM)
こんにちは。

いきなり脇坂安治生誕の地ってのはマニアですね(笑)
僕も行きましたが、歴史好きしか行かない場所ですね。

下関編も拝見しました。
出張ついでの観光は基本ですよね。
僕も数年前に北九州出張ついでに下関行ってきました(^-^)