<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 小谷丁野町にて脇坂安治の出生地探訪! | main | 長浜城に再登城! >>

豊国神社にて豊太閤と清正公に参拝!

脇坂安治の出生地を見た後は、近江牛を食べるべく長浜駅前へ!

まずは前回、長浜城登城した時、時間がなくて見逃した豊国神社へ参拝します。

こじんまりしていた瞬間


鳥居の立つ入口が2ヶ所あったから、表参道ぽい方から入ってみました。
長浜駅から数分の街中にあるせいか、思ってた以上にコンパクトだった。

ウキウキしている瞬間


鳥居をくぐってすぐ左側には加藤清正像。うふふ〜来た目的のひとつはコレw
大好物の清正さん銅像は妙行寺名古屋城でお目にかかって以来、実に3年ぶり。

豊国神社に加藤清正も祀られてるからなのかな。銅像は戦前に奉納されたものが
戦争中の金属供出で台座だけになり、昭和55年になって再建されたんだって。

お立ち台が高すぎな瞬間


清正銅像としては佇まいや迫力が物足りない気がするけど、でもいい!
それにしても雨が止んだものの、天気が悪くて全く映えないのが残念すぎた。

かわゆいやつだった瞬間


「秀吉公遺愛の虎石」もありました。こちらは秀吉が長浜城主になった時、
清正が寄進した庭石で、秀吉は「虎石」と呼んで気に入っていたんだって。

江戸時代に大通寺の庭に移したところ「いのう(帰ろう)いのう」と泣くので
長浜城の元の場所に戻され、後年、秀吉が祀られたこちらに移されたのだとか。

鼻息が荒い瞬間


ささ。お参りしましょう。まずは豊国神社の手前にある出世稲荷神社へ。
出世・金運・健康・・これにご利益のある所へのお参りは欠かせません!!

図々しかった瞬間


御祭神は宇賀乃御魂命と稲玉命。秀吉も稲荷信仰してましたからね。
鳥居を奉納する財力はないけど、少しでもあやかれますように(*°∀°)=3

前のめる瞬間


そして本命の豊国神社へ!! 出世稲荷の隣なのでズンズン迫りますw

こちらの豊国神社は慶長3年(1598)に秀吉が亡くなった後、
長浜の人々が京の豊国廟にならって建立したものなんだって。

愛されていた瞬間


大阪の陣で豊臣家が滅んだ後、徳川幕府によって神社は取り壊されるんだけど、
町民が商売の神様「恵比須宮」を祀りたいって彦根藩に頼んで一社を建立。
奥にこっそり秀吉の像を隠してお参りしてきたんだって・・・泣ける!!

今の社殿は明治31年(1898)、秀吉300回忌に造営されたものなのだとか。

えびす様には申し訳なかった瞬間


御祭神はもちろん豊臣秀吉。そして配祀神として加藤清正木村重成も祀られます。
秀吉亡き後も秀頼を支え、最後まで豊臣を守ろうとした忠臣二人の名前、いい眺めw

欲深い瞬間


秀吉は一番奥として、左右はどっちが誰かな〜全く分からなかったけど(*°∀°)=3
出世稲荷に続き、こちらはもっともっともーっと念入りにお参りしておいた。

すっかり気がすんだ瞬間


帰りは豊国神社側にある鳥居からアウト。やっとお参りできてとても満足!
お昼まで少し時間があるから、線路をくぐって長浜城に再登城しに行こう。


長浜城に再登城!〜に続く




*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  
2018.08.03 Friday 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将ゆかりの寺社仏閣 | 

スポンサーサイト

2018.09.22 Saturday 14:30 | - | - | - |