<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 蓮華寺にて北条仲時のお墓参り | main | 勝楽寺にて佐々木道誉のお墓参り >>

長浜市下多良にて大谷吉継の首塚にお参り

鎌倉末期の蓮花寺から、いっきに戦国時代に飛んで大谷吉継の首塚にお参りです。

大谷さんのお墓は畑のど真ん中というとっても分かりづらい場所にあるので、
ナビで近くの幼稚園を目指して、後は地図を見ながらアプローチする作戦。

唯一の目印だった瞬間


畑の中 大谷さんのお墓に行く入口の目印は、住宅街にある下多良神社。
奥ののぼり旗が立っているところから入っていけます。車はここに停めました。

あきらめた瞬間


来るまでの道筋に案内はなかったと思うので調べて来ないと分からないね。
のぼり旗の向きを何度か直してみたけど、風が強くてすぐ元に戻ってしまう。

かけよる瞬間


入口を入って畑の間のあぜ道を少し歩くと・・・おお、見えてきました!!
小さい畑の一角とかじゃなく、広い畑地帯のド真ん中にあるってすごくない?

関ヶ原で西軍として奮戦するも、小早川秀秋の裏切りによって敗北を悟った吉継は、
首を渡すまいと家臣、湯浅五助の解釈で自害。吉継の甥の僧、祐玄が首級を綿の袋に入れて
敦賀への逃亡の途上にこの地に埋め隠したと伝わり、地元の人が大切に守ってきたそうです。

自害した吉継の首は湯浅五助が地中深くに埋めた・・・って説もあるけど、
どれが真実とかどうでもよくて、何としても首級を渡すまいとした主従の意地や、
吉継を慕って偲ぶ人の気持ちがずっと続いているってことが感動だよね。

なんたって風が強すぎた瞬間


ここでも「大谷吉継公の首塚」が旗が見えるよう格闘したけど無理で(*°∀°)=3
遠く鉄塔の奥にうっすら見えるシルエット、あれ伊吹山ですよ多分w

西軍として共に戦った盟友、石田三成が捕縛されたのが伊吹山のあたり。
首を埋めたココも含めて、関ヶ原からだいたい10キロ圏内って距離感を思えば、
東軍の警戒網や残党狩りがどれほど厳しかったか、分かる気がしてきます。

地元愛あふれる瞬間


こちらが大谷吉継の首塚。周りは畑だけど雑草もなくキレイに整備されてます。
柵とかベンチが出来たのは最近で、昔はホントに祠がぽつんと立ってたようです。

胸が熱くなる瞬間


案内板には平成23年って書いてあるから、訪れる人が増えて整備されたみたい。
義を重んじ、友情を貫いた吉継さんは、現在だって人気ある武将ですもんね。

秀吉に「100万の兵を与えて指揮をとらせてみたい」と言わしめた智謀だけでなく、
温厚な人格者で家臣ばかりか、他の武将からの信頼も厚かったといわれます。

関ヶ原の時には東軍に加わるつもりのところ、親友である三成に説得され、
無謀と知りながら西軍につき、それでも最期まで全力でその義を貫いてます。

病気で盲目な上、体も不自由だったので輿の上から指揮したっていうけど、
多勢を相手にしながら、大谷隊はめっちゃ強かったですよね・・・泣けますわ。

勝手に共感する瞬間


覆屋の中には小さな五輪塔が・・・いい写真が1枚もなくてびっくりした(*°∀°)=3

吉継さんは最期の時、「人面獣心になり、三年の間に祟りをなさん」と、
裏切った小早川に対する呪いの言葉?を吐いて自害したとも言われています。

実質5000くらいの兵力で一時は優勢になるほど必死で戦ったんですモンね。
いくら人格者だって祟ってやりたくなる気持ち、よーーく分かりますとも!

またもや気安く語りかけながら、でも丁寧にお参りして首塚を後にしました。


さーて次は徳源院のリベンジ! 道誉さんピンのお墓にお参りします!


勝楽寺にて佐々木道誉のお墓参り〜に続く


Writen by あも Love城! Go!名所旧跡



*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  


2018.08.31 Friday 15:00 | comments(4) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2018.09.22 Saturday 15:00 | - | - | - | 
あも (2018/09/05 12:53 PM)
SAMさん

はじめまして!コメントありがとうございます!

「あも」ホームページ見てきました。求肥が入っていておいしそうですね(´∀`)
名前の由来もワタクシも同じようなことで何だか親近感が持てますw

桑名城址編・・ずいぶん前の記事もみてくださったんですね!
参考になったのなら嬉しいです!

今後ともよろしくお願いします。
SAM (2018/09/04 12:57 PM)
初めましてSAMといいます。
あもさんは 叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)の銘菓「あも」をご存知でしょうか?小豆好きなら一度お試しあれ。
桑名城址編とっても参考になりました。
あも (2018/09/03 9:15 AM)
Nakashimaさん 

こんにちわ!訪問ありがとうございます!

なかなか見つからないと焦って、血相が変わってきますw
Nakashima (2018/08/31 9:22 PM)
こんにちは、ランキングからきました。
道案内がないのは、ちょっと辛いですね(^^;)