<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 八幡山城に登城! | main | 戸沢家墓所に参拝! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2020.02.14 Friday  | - | - | - | 

新庄城に登城!

この夏やっと東北方面でまだ行ったことのない秋田県に出陣してきました!
行きがけの駄賃で見たい所があったから、今回は山形から潜入してのスタートです。

しくじった瞬間


まずは新庄城から。現在は本丸部分が最上公園として整備されています。
駐車場がないと思ってふるさと歴史センターに停めたけど、中に入れたみたい。

雰囲気を味わう瞬間


本丸堀を渡って行きます。土塁の先の木立が茂った隅のあたりは武器櫓跡。
当時は本丸をぐるっと囲んでいた水堀も、今残っているのは主にこの辺だけ。

もってなかった瞬間


堀には噴水があるんだけど、行きかえりとも吹き出すタイミングに合えず。
土塁や堀を眺めながら、そういえば平城も久しぶりだわと思ったりしてます。

落ち着いていた瞬間


本丸に入った正面にあるのが戸澤神社。明治27年の創建で、新庄藩主だった
戸澤家の始祖「衡盛」、藩祖「政盛」、11代藩主「正実」が祀られています。

うっかりだった瞬間


神社の入り口に当時の絵図があったから当時の雰囲気を確認しておいた。
出来るだけ光らないようにしたら、ワタクシど真ん中に映りこんでたww

新庄城は元は天正8年(1580)、日野有祐によって築城された城で、
その後、最上氏に臣従すると、「最上四十八館」に数えられました。

元和8年(1622)最上氏が改易されると、戸沢政盛が6万石で入封し、新庄城を築城。
寛永3年(1627)に三層の天守、3棟の隅櫓を備えた城郭が完成しますが、翌年火災により、
三層天守を含む本丸・二ノ丸を焼失。戸澤氏はすぐに天守を再建するものの、
寛永13年(1636)の火災で再び消失して以降、再建されることはありませんでした。

戸澤氏は元和8年の入封以降、11代にわたって藩政を行い、幕末を迎えます。

慶応4年(1868)戊辰戦争では当初、奥羽越列藩同盟に参加していましたが、
新政府軍側について離脱したため、庄内藩に攻められ落城し、大部分を消失。
藩主、戸沢正実は久保田藩へ落ち延び、新庄城は廃城となりました。

かぶりつく瞬間


こちらは表御門跡の石垣。絵図だと分かりづらいけど櫓門が建ってたようです。
近世城郭らしく、ピッチピチに積まれた切込ハギです。苔ついてるのがいい!

見ほれる瞬間


これが残っている唯一の石垣なので、振り返ってさらに念入りに見ておく。
少し離れて櫓門が建ってる姿を想像すると、なかなか立派な感じじゃない?

にんまりする瞬間


門跡からは本丸の土塁が続いています。最初に堀から見た時は木の影になってたけど、
中に来るとばっちり見えるし、写真だとそう見えないけどけっこう高さもあるんだ。

ダイナミックだった瞬間


ほらー中まで入ってこられる!って話しじゃなく、土塁が高いし分厚いよねってw
この土塁の角が本丸南東で当時、武器櫓があったところ。じゃあ登ってみるよ!

単なる休憩だった瞬間


建っていた櫓は二層で、槍や鉄砲などの武器が保管されていたそう。
何もないからベンチに座って、高いところから堀ごしに向こうを眺めたりする。

気分がいい瞬間


土塁はこの武器櫓のところが一番高いんじゃないかな。本丸一部でも広い!
ピンの写真はないけど、本丸には天満神社、護国神社も並んでたりします。

適当だった瞬間


武器櫓のあった土塁から続くのが本丸南の入り口。説明や標柱はなかったけど、
縄張図からすると本丸と向こうの二の丸の間にあった門跡でいいんだと思う。

センスが悪すぎた瞬間


南門を出た先が二の丸。本丸堀をちょっと囲むような形になってるんだけど、
写真の角度が微妙でまったく分からず。おばちゃん映ってるとこが二の丸です笑

ひっそりすぎた瞬間


外に出ちゃうから本丸に戻って、天守台跡の辺りもウロついておきました。
最初ちょっと探しちゃって。そしたら護国神社の脇に標柱だけあった(*°∀°)=3

春秋がマストの瞬間


最初にきた戸澤神社の前を通り過ぎて、本丸の反対側を見に来ました。
御殿跡には心字池のある庭園があって、こちらの方は憩いの雰囲気。

さすが北側だった瞬間


本丸の北東隅にはあるのが小納戸櫓跡。こちらも二層の櫓だったようです。
武器櫓の方に比べて低いけど、草木が茂って蚊がいそうだから登らなかったw

風情はなかった瞬間


櫓台からの土塁がとぎれた所が本丸裏門跡。お手洗いが邪魔だけど(*°∀°)=3
写真は本丸を出て撮ったもの。当時はここから堀を越えて三の丸だったよう。

見に来た事実が大事だった瞬間


本丸に戻り、今はあじさい公園になってる所を抜けて北西隅の大納戸櫓跡へ。
とはいえ櫓台跡もないし、この辺は堀も埋められてて今は標柱があるのみ。

人っ子ひとりいない瞬間


戸澤神社の前に戻ってきました。ふるさと歴史センターに戻りながら、
本丸堀の向こう…大手方面に向かって三の丸を抜けていってみよっか。

だだっぴろかった瞬間


絵図で侍町ってなってた部分は広い公園というか広場というか?
何があった場所か分からないけど、低い土塁に囲まれてるのが見えるね。

興味がなさそうだった瞬間


広場を抜けて大手の方に向かって歩いてたら、御役所跡の標柱があった。
藩内の田畑や年貢・産物・財政などを扱う役所があったんだってさ!


さぁ〜行きがけの駄賃1発目完了!・・アレ、そういや城址碑ってあった? 

今さら気づいて首を傾げつつ、車に乗り込み次の攻略地に向かいます!


戸澤家墓所に参拝!〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  



2018.09.22 Saturday 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 東北(山形県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 15:20 | - | - | - |