<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 静岡県〜天城温泉郷「谷川の湯あせび野」2 | main | 横手城に登城! >>

清凉寺にて佐竹南家墓所に参拝!

稲庭の広沢寺から、湯沢市にある清凉寺にやってきました!
秋田の佐竹氏の分家である佐竹南家のみなさんのお墓参りをするのです。

解放的だった瞬間


市街を見下ろす小高い所にある清涼寺。住宅街の狭い道から参道に入り、
しばらく登れば本堂は目の前!車を停めてイソイソとお参りに向かいます。

ひとつ利口になった瞬間


「佐竹南家の塋域(えいいき)」と書かれた立派な説明がありました。
塋域ってのはお墓のこと…ってワタクシ今まで知らなかったんだけど(*°∀°)=3

佐竹南家は常陸の大名、佐竹家15代義舜の弟、義里を祖とする家で
北家、東家、西家とともに、佐竹宗家を支えた分家になります。
佐竹南家、西家、東家、北家って呼び方は佐竹氏が常陸にあった頃、
太田城から見た屋敷のあった場所で決められたものなんだって。

迷いようがなかった瞬間


本堂裏の高台を少し登ります。1本道なので案内がなくても分かる!

清凉寺は慶長7年(1602)、佐竹義宣の秋田への国替えに伴い、
湯沢に入った南家3代義種が菩提寺として清凉寺を建立したそうです。

佐竹義宣に希望の地を聞かれた義種は「雄勝・湯沢の域は狭いが
最上領にも伊達領にも近い」と湯沢城を切望したというから男気あふれすぎ!

気持ちが引き締まる瞬間


こちらが佐竹南家初代から18代までの当主が眠る塋域。
木立に囲まれた静寂な空間は、とても厳かな雰囲気。

聖域感ハンパない瞬間


どれが誰か分からないけど、18人前の立派なお墓がずらっと並んでます。
初代義里、二代義尚の墓碑と位牌は国替えの時、常陸から移されたんだそう。

気になる瞬間


真ん中にひとつだけ他の墓碑とは違う感じのお墓もあった…ダレの?

元和6年(1620)、湯沢城は4代義章の時に一国一城令で破却されますが、
佐竹南家はその後も二百数十年に渡ってこの地を治め、明治を迎えました。
仁政を施したそうで、人々から「湯沢様」と親しみ敬慕されたみたいです。

ほぼ決めつける瞬間


入り口で見た立派な案内版によれば御位牌もココに納められてるとか。
扇の紋(月がないけど)がついてるこれが位牌堂ってことになのかなぁ?

あっさりしている瞬間


お寺の裏にある山が湯沢城跡。元は稲庭城の支城として小野寺氏が築いたもので、
一国一城令で破却されたけど、今もまぁまぁ遺構が残っているみたい。

だからワタクシ、出陣計画を練ってる時に寄れたらなって考えてたんだけど、
歩いて登る時間はない! 車で行けるらしき林道がわからない!で見送ったw

今回は行きたいところが多すぎる!さっさと予定通り次の横手城に行かねば!!

…って一国一城令どうなってんw と思いつつ急いで横手に向かいます!


横手城に登城!〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  


2018.11.07 Wednesday 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 武将の墓所と出生地 | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:05 | - | - | - |