<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 天徳寺にて佐竹家廟所に参拝! | main | 温泉旅館の忘備録一覧 >>

秋田城に登城!

天徳寺の次は秋田城にやってきました! ちょうど暑い時間に(*°∀°)=3

駐車場に車を停めたら、まずパンフレットをもらいに管理棟に直行!
ボランティアガイドさんがたくさんいたから、ホントはお願いしたかったんだけど、
広いから時間が足らなそうと伝えたら、皆さんで概要を丁寧に説明してくれた!

で、まずはガイドさんに言われた通り、復元外郭門がある方に向かうことに。

雰囲気ある瞬間


これは平成9年に復元された東門。左右には粘土と砂でできた築地塀も続いてて、
奈良時代の創建期の頃の姿を復元しているんだって。古代柵はコレがないとね!

気合を入れる瞬間


ワタクシが見るのは復元公開されてる部分で、だいたいこの写真の範囲くらい。
これでも広いけど、秋田城は元が大きいから全体から見るとこれでも1/3とか(*°∀°)=3
左側にある政庁の方を囲んでた外郭塀の全周だけでも2.2キロもあったんだって。

城跡は道路で分断されて(縦の茶線)、外郭門からの大路も途切れてる。
なのでまずは外郭線の外にある居住区っぽい方から見ていくことにします。

日差しがやばい瞬間


東門をくぐると立派な大路が見えます。素掘りの側溝の跡が発見されてて、
そこから推測すると道幅12メートルで、土の道路だったと考えられているそう。

池との違いを考えた瞬間


大路の脇にある沼は、当時の城内では神聖な場として利用されていたんだって。
コレは自然の沼らしいけど、澱みすぎ草はえすぎでデカイ水たまりみたいなw

食いつく瞬間


沼の前にある覆屋の中には、平安時代に作られたという井戸があるんだって!
平安時代の井戸跡じゃなくて井戸ってすごくない? どれ、見せてごらん。

お風呂を連想した瞬間


えw って一瞬思ったけど、今も水が湧いてるまごうことなき井戸です。
当時も厚い板を組んで並べたような作りで、しかも浅かったらしいし。

なかったことにする瞬間


平面表示している建物跡も多いけど、時短のため丘の上には登らず・・・

秋田城は天平5年(733)、蝦夷地制圧の日本海側拠点として築かれた城柵で、
当初は出羽柵といいましたが、760頃には秋田城と呼ばれるようになり、
奈良時代には国府がおかれると政治、文化、軍事の中心として発展しました。

平安時代に入ると地震や蝦夷の反乱などによって次第に衰退し、
城輪柵に国府が移されると10世紀後半に古代城柵としての役目を終えました。

ちゃんとしていた瞬間


井戸はもう1つあって、ここからは「天平」って書かれた木簡が発見されたんだって。
これは復元で、木枠の中には当時も敷かれてたというレンガが置かれてました。

ハイレベルすぎた瞬間


そして水洗厩舎跡! 水洗トイレの復元したもので、ある意味、秋田城の目玉かとw
沼の近くに建ってて、流れた水は下の沈殿槽にたまり、上澄みだけ沼に流れる仕組み。

奈良時代とかあまりに遠すぎて、ファンタジーぽく思えることもあるんだけど、
人々の生活が分かると(想像より高度だし)少しだけ距離が縮まる感じがする!

ワイルドすぎた瞬間


内部も詳細に復元・・・って穴デカすぎじゃない? 落ちたら流れちゃう(*°∀°)=3
なんで濡れてんのかなって思ったら、水を汲んで流す体験はしてもいいみたい。

ヨロヨロしている瞬間


復元トイレの方まで来ると、沼の向こうの外郭門がやたら遠くに見えるなぁ。
強い日差しにしなびかけながら、今度は道の反対側にある政庁跡へ向かいます。

照り付けられる瞬間


外郭門から続いていた東大路。政庁側にも多分12mの幅で復元されてます。
写真は政庁に近いけど、大路はもっと後ろから続いてて地味に長かった気がする。

充実していた瞬間


入り口にある復元模型。見応えある大きさで、かなり細かくキレイに作られてるの。
正殿は建て替えで6期の変遷があったってことで、時代ごとに展示されて芸が細かい!

雰囲気が大事な瞬間


これは秋田城創建期の頃の。東門を入った正面に正殿、横にも役所的なのが建ってて。
模型の前だとピンと来づらいけど、政庁の区画は東西94m、南北77mの広さだそう。

コンパクトだった瞬間


政庁東門の復元。こちらも築地塀が左右にずっと続いています。
外郭門の方が立派!? 考えてるよりこじんまりした門だなって思った。

妄想力を働かす瞬間


こちらが正殿跡。貢物を持ってきた蝦夷の供応や外国の使節を迎えての儀式が
行われてたそう。表面展示だけど、立派な建物だったんだろうなって感じがする。

感心しきりな瞬間


正殿以外の建物も表面展示されてます。役所とかの建物だったのかな。
写真で見るより大きくて、この区画自体も模型の印象よりずっと広かった。

古代の人々はすごかった瞬間


ちなみに秋田城跡はこんなに大きい! なんなら下の方まだ少し続くくらい。
古代ファンで城域を全部まわろうと思ったら、そりゃもう気合入れないとダメね。

ワタクシは史跡公園として整備公開されている部分だけで満足!満足!


次は佐竹氏の居城がある千秋公園に向かいます!


久保田城に登城!〜に続く




Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  


2019.03.22 Friday 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 東北(秋田県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 17:24 | - | - | - |