<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 久保田城に登城! | main | 修善寺にて源範頼と頼家のお墓参り >>

脇本城に登城!

久保田城から北上して、ついに男鹿半島まできちゃったわよ〜!!

大きなナマハゲが立ってる公園に寄りたかったけどメッチャ混んでた(*°∀°)=3
で、あきらめて車の流れに乗って走ったら、あっという間に脇本城に到着!
てか、秋田の人ってすごい飛ばさない? 国道だよねって標識を三度見したよねw

模型でごまかす瞬間


あんまり流れに乗りすぎて、うっかり反対側にある入口を通り過ぎそうになり、
入れてホッとしたのもつかの間、登る坂の狭さに引いてたら写真を忘れた(*°∀°)=3

距離自体は大したことないんだけど、なんせ道幅が車1台分って坂だから
上から車が下りてきたらどうなんの? 登り優先ルールとか適用されるの?
とか思ってすごいドキドキしちゃった。でも歩いて登る選択肢はないw

心からホッとする瞬間


おっかなびっくり登って、なんとか案内所のある駐車場に到着!
ここに駐車場があるなら、もう少し道を何とかした方が・・・(小声)
中でパンフレットをもらいます。続100名城スタンプもここにあったよ。

男鹿市に乾杯!の瞬間


まずは案内図を確認。パンフレットは写真や説明も多くキレイでわかりやすい!
国史跡だから整備も行き届いてるはずだし期待大! いそいそと曲輪に向かいます。

汗ばむ瞬間


でも最初しばらくは面白みのない長い坂を登る苦行があるんだけど(*°∀°)=3
真夏の昼時。エアコンキンキンの車から降りたばっかなのにもう暑い!!

見晴らしサイコーの瞬間


わっせわっせ・・息切れしながらなんとか登り切り、振り返ると海が!
日本海に飛び出した男鹿半島の先っちょだから海岸線がよく見えること!

圧倒される瞬間


坂を上りきると案内板が見えて、突然、迫力のある風景が広がります。
お城の説明がかかれた板と、裏になってる方には案内図が載っていました。

脇本城は男鹿半島南側にあるお城で、築年は明らかでないものの、
戦国時代にはすでに城としての機能を果たしていたと考えられています。

天正5年(1577)、出羽の戦国大名、安藤愛季が嫡子業季に湊・檜山の城を譲って
脇本城を居城とし、地形を生かした大改修を行って本拠地にしました。

愛季は安東氏の最盛期を築きますが、天正15年(1587)、戸沢氏との合戦中に病没。
家督を継いだ次男実季が後に本拠を港城に移すと、江戸初期に廃城となりました。

ダイナミックすぎた瞬間


写真がイマイチだから伝わらないと思うけど広くて壮大な感じなのよ。
曲輪がドーンと連なって、パンフレットを合わせて見ると尚よくわかる!

自由奔放だった瞬間


正面は来た道で右手が曲輪ドーンの方。左が本郭なのでそっち行ってみるよ。
脇本城って通路にしてある部分が少なくて、でもアップダウンがあるから、
楽そうなところ見つけて好きに登っていくフリースタイルで行きますよw

ありがたみな瞬間


こちら空堀。きっと虎口の部分だと思うの。角度がイマイチだけど(*°∀°)=3
それにしても真夏にもかかわらず草ボーボーじゃないのがありがたい!
フリースタイルなのに、デフォヤブ漕ぎとかマジで戦意喪失だもんね。

感動している瞬間


空堀の上から最初に見た西の方を振り返ったら、さらに雄大だった件!
地形だけでもこんなに「大迫力!」って感じられるものなんだなぁって。

ワナワナしている瞬間


感動に震えながら大土塁の前にやってきました。最大高低差6メートル!
コレが主郭を囲ってるんだから、すごい土木量だな〜って眺めるばかり。

安定の囲まれ感だった瞬間


中からの高さはこんな感じ。ここに城主の館があったというから超安心!
ここからは食器や火縄銃の玉や武具など色々なものが出土しているそうです。

徳川埋蔵金よりもっとなさそうだった瞬間


主郭の所にあった復元想像図。国史跡なので要所での説明が充実してます。
ここには井戸跡が4つあるらしいんだけど、金の茶釜が埋められた伝説があって、
昔は夜な夜な来て、掘り返す人がいたって話もパンフレットに載ってましたw

死角なしだった瞬間


主郭からは海岸線と町が良く見える!ここが当時の城下町だったらしい。
陸も海もかなり遠くまで丸見えで、改めて要所に築かれてるんだなぁって。

この場所に目を付けて大規模な整備をした愛季さんの気分でしばし眺め、
長い海岸線を見下ろすレア風景に、埼玉県民のワタクシひそかに興奮(笑)

名残おしまれる瞬間


この先を降りた部分だけ、草の成長がたくましく膝丈くらいのゾーンがあって、
ワシワシ歩いて抜け出たら、ズボンに種みたいのがちょいちょいついてた。
でも足を踏み入れる度、虫が飛び出してくるとかじゃなかったから全然おけー!

フリースタイル多めだから、登城はサンダルや生足じゃない方がおすすめです!

男鹿半島は遠かったけど、でもホントに足を伸ばしてよかったぁ!
今までにない新しい感動だったし、初めてドローン欲しいなとも思った(*°∀°)=3



帰りも対向車が来ないことを祈りつつ、激狭な坂道をオドオドしながら下り。
無事に降りれた!!と思ったら、国道から車が入ってきてマジ間一髪w


さぁ埼玉に帰ろ…遠すぎて気が遠くなる笑



修善寺にて源頼範と頼家のお墓参り〜に続く



Writen by あも Love城! Go!名所旧跡


*****ランキング参加中〜励みになります!!ポチッとお願いします !いつも応援ありがとう♪*****


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ  人気ブログランキングへ  


2019.04.27 Saturday 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 東北(秋田県) | 

スポンサーサイト

2019.06.15 Saturday 13:55 | - | - | - |