<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< あもは熊本城主! | main | 菅谷館に登城! >>

鉢形城に登城!

灯台もと暗し・・・いつでも行けるシリーズで後回しにしていた鉢形城。
土曜の朝、起きたらお告げがあったのでふら〜っと行ってみた。

日本の100名城18番 鉢形城に登城!

形城三の曲輪に到着の瞬間
三の曲輪

さすが中世城郭では県内随一の規模を誇る鉢形城跡・・・でも広すぎ!! 

周囲をぐるぐる廻ってみたけど駐車スペースが見つからず、
遠いの覚悟で資料館のある休憩所に停めてエッチラオッチラ・・
普段、まったく歩かないあもにはとーっても辛い!!
森の中・・虫はぶんぶん飛んでくるし、森を抜けたら超暑いし。

でも本で見ていたこの風景を見たらちょっと嬉しかったわw

復元門をくぐって噂の石垣拝見!の瞬間
鉢形城三の丸

四脚門・・よいじゃあないですか。
あもには完全復元なのかまではよく分からないけれど、
中世戦国ど真ん中って雰囲気はあるのかなぁと思ったり。

本と同じ構図で撮ってみた瞬間
鉢形城三の丸

今回はちゃんと本を見て撮影ポイント調べておいたからね。
使い方は知らないくせにカメラも一丁前のミラーレスに変えたしw

青い空に城・・まぁ正確には門と石垣だけど良く映える。
夏の城巡りは嫌いだけど城の明陽の部分が写るからいい!!
枯れ木枯れ草の中に佇む暗陰な感じも捨てがたいのだけれど。

木橋も復元されちゃってた瞬間
馬出の木橋

二の曲輪と三の曲輪を結ぶ空堀にかかる復元木橋。
二の曲輪の方は大きな空堀がぐるーっと囲んでいます。
堀切も結構な高さがあって堅固な感じがよくわかります。

地味に池などもあった瞬間
三の曲輪の池

小さい池なんだけれど。しゃがんで石垣を見越すと大きく見えるw
池の後ろには堀立柱建物の復元建築(休憩所)があるのだけれど、
新しい風満載で四脚門に比べるとあまり風情がないのが残念。

井戸跡もあった瞬間
三の曲輪 井戸

建物のすぐそばには井戸。もちろん穴はあいてないけどw
違和感あるから「もしや復元の枠いらないのでは?」なんて思ったり。

広い馬出 今となっては一面の草原だった瞬間
馬出

馬出って出陣の時は兵が集合したりしたんだってね。
門とかの出入り口でモタモタしないで済むメリットもあるし、
虎口を守る機能もあったんだって。資料館の受け売りw

靴ずれを気にしつつ、城跡の図を眺めた瞬間
鉢形城跡の図

駐車場から森の中歩いちゃったからね。
履きなれないスニーカーで歩いたら靴ずれして痛いの・・。
元気に歩けるうちに本丸跡は絶対見ておきたいから
図最左の伝逸見曲輪は断念。歩け歩けでさっさと本丸方面へ。

こんなとこでも諏訪神社!だった瞬間
諏訪神社

基本、城とセット的な感じでやはりw
赤があんまり映えるので思わず撮った1枚。
靴ずれ制限でさすがに先には行けなかったけれど。

やっとの思いで本丸跡にたどりついた瞬間
本丸跡

びゅんびゅん走る車を横目に靴ずれ気にしつついざ本丸跡へ!
正確に言うと「伝本御殿曲輪跡」にある鉢形城本丸跡の碑なんだけどw

・・・Σ(゚Д゚)!イヤー! 思ったよりいっそうしょぼい!!
石碑オンリー寂しすぎる!! ここも発掘調査しましょうよ・・。

こうなったら堅固な感じだけは見たい瞬間
本丸跡から見える荒川

切り立った崖・・・高い!! 荒川の急流というやつもよく見える。
これじゃ、こっち側から攻めるのはヘリでもなけりゃ無理よね。
防御に優れているっていうのがとても分かりやすい地形。

笹曲輪の石垣も頑張ってみた瞬間
笹曲輪の石垣

靴ずれに根性振り絞り、すぐ隣に続く笹曲輪には行ってみる。
一部しか残ってないけどあもの好きな石垣は何だかいい感じ!

痛み限界の靴ずれを引きづりつつ振り出しに戻った瞬間
大型休憩所

来た森の中をヨロヨロ引き返し、深沢川を渡って駐車場にたどり着く。
車の中に常備してある絆創膏を貼って、あも奇跡の復活w
北条紋のかかったやたら立派な休憩所を尻目にいざ資料館へ!!

城スタンプを押すのだー!!
外曲輪 資料館

三の曲輪近辺も頑張ってたけど資料館もやけに立派よね。
この中に「日本の100名城」スタンプ「18番鉢形城」がある。
スタンプを無事にゲットして200円払い、資料館の中へ。

土曜日だというのに誰もいなかったので、大音量で恥ずかしいけど
3Dでよみがえるバーチャルシアター的な鉢形城の説明を全部見てしまったw
たいした資料はないけど鉢形城の仕組みが詳しく説明されててよい!

鉢形城登城が終わり、靴ずれから奇跡の復活を遂げたところで、
せっかくだから近くのあまりイケてない城にも寄ることを思いつき
登城のお伴、マイ城手帳を出して車の中で涼しく登城先をチェック。

・・・松山城かぁ。また軽く山だし。靴ずれやばくない?

ふと隣を見ると、城めぐらーらしきおじさんが
真剣な顔で日本の100名城の本を手にナビを検索中。


負けられない・・


と意味不明に自分を奮い立たせ、山じゃない菅谷館跡へw

張り切って行ってきますw


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村



2010.07.15 Thursday 20:53 | - | - | 関東(埼玉県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:53 | - | - | - |