<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 館林城へ登城! | main | 足利氏館に登城! >>

金山城に登城!

日本100名城17番 金山城へ登城!
復元とはいえ、石垣好きのワタクシが靴ずれ覚悟で見たかったお城。

登城口の案内板に覚悟を決めた瞬間
金山城

ここまで相当の山道、楽に車で来たくせにw
ワタクシがみたい復元された虎口は、やっぱ一番奥か・・。

あたしには無理!を確信した瞬間
金山城

西城から本丸に向かう途中の西矢倉台下堀切。
ガッツだしてもワタクシには絶対、攻め登れない。
高い石垣だの深い堀だのの防御施設を見る度に、
ワタクシが足軽だったらすぐ死んじゃうだろうと思う。

・・てか、なんであたしいつも足軽ベースで考えるんだろw

金山城も芸が細かかった瞬間
金山城 竪堀と木橋

先日登城した松代城に続き、お金取った方がいいのでは?と少し思う。
全部ちゃんと説明がついているし、整備だって大変だよ。
こんな山の中に石垣積んで城を作った当時の人もすごければ、
これをここまで復元しちゃう太田市もすごいと思うw

大手虎口が近づいてきた瞬間
金山城 月の池

ぜえぜえ息切れしながらも、ここにたどり着くまで
竪堀も木橋も物見台も馬場曲輪もみんな見たわ=3

さぁ、本やサイトで見たあのアングルで写真を撮るのよ!!


総石垣の大手通路にうっとりだった瞬間
金山城

よっしゃ 撮ったどぉぉぉぉーーーーー!!(鼻息荒い)

ああ、石垣。石垣。石垣・・・復元でもこれはいい!!

関東の中世山城に総石垣の城はないといわれていたのに、
調査、発掘してみたらそれまでの定説を覆す大発見とくれば、
復元に気合が入るのも思わず納得。本当にすごい迫力よw

体力のないワタクシには軽く登山でしんどかったけど、
思い切って来てよかったと感動し、しばし妄想。

復元でもこの迫力だから、当時のまま残っていたら
どんだけすごいんだろう・・ふと竹田城を思い出す。

単なる池じゃなかった瞬間
金山城 日の池

入り口にあった月の池とともに儀式的な意味で作られた池らしい。
山の上に池があるのは珍しく、これもかなり忠実に復元されたみたい。

日本100名城17番スタンプゲットの瞬間
金山城

せっかくだから石碑を入れて土塁石垣も撮っておく。
ただ石が並んでいるだけなのになんで石垣って素敵なんだろうw

スタンプはこの後ろの休憩所の中でひっそりとゲットw

難攻不落の意味が分かる瞬間
金山城

岐阜城の時も思ったけれど、誰が考えてもやっぱ無理よね。
山城が難攻不落とか堅固とか、守るに易く攻めにくいと言われる理由、
実際にその場でフィールドを体感すると尚いっそうわかるし納得。

内通者作るとか、少数精鋭を何とか送り込んで扇動とか・・
いろんな武将がやった作戦になるほどなと思ってしまう。

もうひとがんばり、実城にも行ってみた瞬間
金山城

石垣を見たからもういいかな・・とも少し考えんだけどw

ものすごい暑さと脚のだるさに耐え、もうひとがんばり。
城主の御殿があったという実城・・天守曲輪跡へ。

せっかくだから・・と軽〜くお参りをして振り返ったところに、
何やら見覚えのある格好の女性ランナーがすごい勢いでやってきた。

・・・あなた、ワタクシが車で追い抜いた人じゃないのΣ(゚Д゚)!

気合入ってんなぁと思って覚えていたこの女性。

あのつづら折りの車道をずっと走って登ってきた挙句、
ワタクシがぜえぜえしていたコースを来て、また走って戻るだなんて!!

こんにちわ♪

唖然としているワタクシに、疲れも見えぬ爽やかな笑顔。

・・・金山城、あなたが一番すごいかも!?

走り去る女性の後をワタクシはヨロヨロしながら車に戻り、
エアコン全開に気を取り直し、次は帰りがけの駄賃で忍城リベンジへ。


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


2010.07.18 Sunday 18:49 | - | - | 関東(群馬県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 18:49 | - | - | - |