<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 会津若松城に登城! | main | 鬼ノ城に登城! >>

白河小峰城に登城!

東北3名城そして日本100名城13番 白河小峰城に登城!

ついに福島の大物3城制覇の瞬間
白河小峰城

二本松城会津若松城、そしてこの白河小峰城。
単に建物を復元するだけでなく公園として一帯もきちんと
整備されている福島のお城はどれも何となく品がある。
もちろん歴代藩主の家柄や歴史、土地柄もあるのだろうけれど。

二の丸清水門跡よりいざ登城!の瞬間
白河小峰城

白河小峰城は東北では数少ない石垣づくりのお城。
南北朝時代に築かれ、1627年に移封された丹羽長重が大改修。
川の流れを変え、石垣を積み、複雑な縄張をして、
奥州の関門となるべく実践向けの男前なお城になった。

前御門と三重櫓ビューティフォーだった瞬間
白河小峰城

白河小峰城と言ったら門と櫓のこのカット。
二本松城もそうだったけど、ここも人いなくてよかったw

激しい妄想にとらわれる瞬間
白河小峰城

前御門は「表御門」とも言われ、三重櫓とともに
江戸後期の修理で利用した絵図を参考に忠実に復元されたもの。
絵図を見て設計図書いて、三重櫓の礎石を完全な形で発掘して、
ちゃーんと作ったんだって。その情熱に頭が下がる思い。

佇まいが美しすぎた瞬間
白河小峰城

一国一城令以降に建てられた白河小峰城に天守はなく、
この三重櫓が天守の代用とされた。実践向きというけれど、
やる気満々というガツガツ感はなく端正で何だか美しいの。

本丸、実は驚きの広さだった瞬間
白河小峰城

前御門をくぐった広場が本丸御殿跡。
当時の御殿はなんと驚きの700畳Σ(゚Д゚)!
小市民あもにはさっぱりピンと来ない数字ですw

青空じゃないことが超不満だった瞬間
白河小峰城

人がいなくてうっとりしながらゆっくり写真が撮れるのはいいけど、
二本松城に続き、青空じゃないことだけがとっても不満。
城にいない時は頭の地肌がチリチリするくらい晴れてるくせに!

ぶつぶつ言いながらいよいよ三重櫓の中へ。

入場無料・・・でも本当にいつも思うのだけれど、
このくらい気合い入った復元ならお金を取ってもいいし、
逆にしょぼいのに入場料取るとこは何だろうと謎にも思う。
100円でも取ってくれて入場券が記念に残るといいのに。

展示品・・・以上!だった瞬間
白河小峰城

白河小峰城は入場無料だけど所縁の品などの展示は一切なし。
しかし消火器の横におもむろに、そして無造作に置かれたこの鎧・・。
壁に貼られた手書きの説明によると、白河甲冑塾のものらしい。
この空間で異質に浮いてる感じの違和感がちょっとかわいいw

木の香りを堪能した瞬間
白河小峰城

白河小峰城は鉄筋コンクリートじゃなく気合いの木造で復元されたの。
ワタクシは木造建築の梁を見るのが好き。城の梁はもっと好き。
古いのはもちろん、たとえ新しかったとしても木造のお城には
どんなに立派でも鉄筋コンクリートのお城にはない独特の雰囲気がある。

階段もちゃんと城レトロ風だった瞬間
白河小峰城

お城の階段はやっぱこれじゃないとね。
狭かろうが、急だろうが、奥行少なかろうが・・

14mもある三重櫓には立派な杉の通し柱もある。
使われた杉は戊辰戦争の激戦地だった稲荷山から見つかった
鉄砲の玉や弾痕の残ったもの。痕跡を見ることができる。

入場制限は関係なかった瞬間
白河小峰城

木造の上、三階は激狭なので1度に上がれる人数が決まっている。
ワタクシは貸切だったから好き放題にヨロヨロしながら階段をよじ登り。
二階で石落としの再現設備を見つつ、いざ激狭の三階へ。

大人5〜6人入ったら心配になるくらい、まじで狭い!!

格子窓がはまっているためワイドビューな見晴らしはない。
そこで視野と射程はどんなもんかと何気なく狭間を覗くと・・


敵 発 見 ! !


でもこの距離じゃ本丸に侵入してきた敵を見つけても
当時の鉄砲じゃ早い段階で撃ち倒すことは出来そうになく、
とはいえ近づくの待ってたら視野から外れてしまう。

・・ダメじゃん。

哀悼の意 再びの瞬間
白河小峰城

清水門西側の石垣。月見櫓跡には戊辰戦争の碑が。
白河小峰城は会津武家屋敷で見てきた会津藩家老
西郷頼母が将として必死の防戦を試みた舞台でもある。

頼母さんがここで必死に維新軍と戦っている時、
鶴ヶ城では白虎隊が、女房子供が・・・・・・・・・合掌。
福島で城を見ている限り、戊辰戦争から離れられないのだ。

またもや未練たらしかった瞬間
白河小峰城

登城を終えて帰る時は、いつも後ろ髪ひかれる気分。

次に見られるのはいつだろう? 桜の時期に来るだろうか?
もっと見ていたい。お城のある町の風景っていいなぁ・・

何度も何度も振り返りつつ、思うことはいつも同じ。

福島制覇ツアー。運転、暑さ、歩きまくりとハードだったけど
お城も素晴らしく、いつもと違う時代の歴史にも触れて、
色んな意味で印象に残る登城になりましたとさw

次はいよいよ盆休み! これまた気合いで岡山攻略〜まずは鬼ノ城に向かいますw


にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村





2010.08.06 Friday 23:07 | - | - | 東北(福島県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 23:07 | - | - | - |