<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 明石城に登城! | main | 龍野城に登城! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2020.02.14 Friday  | - | - | - | 

赤穂城に登城!

明石城の次は日本100名城60番 赤穂城に登城!

白すぎた瞬間
赤穂城

暑いくせに。「激」暑いくせに青空がないだなんて!!
赤穂城は白っぽいからワタクシの腕前だとマジ手ごわいわ〜

スタンプのため移動の瞬間
赤穂城

忠臣蔵にも赤穂浪士にも大石内蔵助にもなぜか興味ないから他は割愛。
赤穂城は日本100名城スタンプが本丸門と歴史博物館と2か所にあるけど
歴史博物館の方が質がいいと聞き、暑いのでさっさと移動します。

スタンプは入場料払わなくてももらえるけれど、
記念になる入場券欲しさにとりあえず歴史博物館の中へ。

塩がいつから作られたか、どうやって作られたか!
かな手本赤穂浪士かるた、討ち入り物語はこうだ!

・・・Σ(゚ロ゚;) でも文句は言いませんとも。

「塩と義士の館 赤穂市立歴史博物館」ですもんね・・。

よく見かける清水門の米蔵の写真が撮れたのはよかったけれどw
この清水門は大石内蔵助が、赤穂城を引き渡す際の最後に出た門なのだとか。

よどみ目だった瞬間
赤穂城

赤穂城は正保二年(1645)に浅野長直が常陸国笠間から入封し、
甲州流軍学者近藤正純に設計させ、13年かけて築いた城。別名、加里屋城。

築城途中には山鹿流の軍学者、山鹿素行の意見を取り入れ、
この二の丸門付近の虎口縄張を変更、兵術も山鹿流を採用しました。
忠臣蔵の討ち入りはこの山鹿流の兵法を持って行われたもの。

浅野内匠頭は初代、長直から3代目にあたる人なんですね。

きれいすぎる瞬間
赤穂城

二の丸から見る北隅櫓台、新しすぎてとってつけた感がw
復元中とかされたばかりの部分が多いから全体とてもきれい。

復元された大石頼母助屋敷跡門
赤穂城

発掘遺構に基づいて復元された大石頼母助の薬医門形式の屋敷門。
初代藩主浅野長直に重用されてた大石内蔵助の大叔父さんなんだって。
真新しいのは仕方ないとして、並んだプラスチックのプランターがなんか嫌w

人をやり過ごすのに苦労した瞬間
赤穂城

団体さんがいなかったのはよかったけれど、
お盆休み中ということもありパラパラ人が出たり入ったり・・。
このくらいなら待てば行ける!と思って15分くらい粘ったw

あぶはち取らずだった瞬間


二の門である高麗門をくぐると一の門である櫓門がどーん!
枡形石垣とともに発掘調査や古写真、絵図を元に復元されたもの。
大きな虎口はそれとわかるように写真を撮るのが難しい・・。
虎口の感じも撮れず櫓門も全部入らず、欲張るとろくなことないw

気を取り直して櫓門だった瞬間
赤穂城

幅13m、高さ11m 杉や檜など国内産の高級木材と
赤穂産の花崗岩を使って復元された櫓門。
きれいすぎるけど大きいのでかなり迫力あります。

ちなみに門内右手に見えるのが質が悪いと評判の
本丸設置の日本100名城スタンプ。無造作に置かれてますw

すごい整備のされ方だった瞬間
赤穂城

発掘では御殿の遺構はほとんど出なかったものの、
永井家文書から間取り図が発見され、それを元に
本丸内は御殿の間取りが壮大に復元されているそう。

表、中奥、奥から構成される御殿は部屋名が書いてあり、
どこに何の部屋があったのかわかりやすい。
ただし分かるのは場所と部屋の名前と広さだけなので
雰囲気は自分で一生懸命、脳内復元する必要があるw

明石城に続き、メガ天守台だった瞬間
赤穂城

5万石の外様大名にしては、やけにダイナミックな天守台!
五層天守がどーんとあってもおかしくない大きさだけど、
明石城同様、天守が建てられることはなかったそう。
天守台の高さは赤穂城の石垣で最も高い9m。
階段は修復整備されたらしいけど天守台は現存遺構です。

キレイ仕上げだった瞬間
赤穂城

表玄関である本丸門に対し、通用口にあたる厩口門。
廃城後は赤穂高校の通用門に転用されていたそうだ。
発掘調査で門礎石から高麗門だったことが分かり復元された。
木造本瓦、色白な漆喰土塀も美しい。役瓦も芸が細かいの!

振り返って下城の瞬間
赤穂城

垂涎の登城も、ついでの登城も帰り時は何となく振り返ってしまう。
時間がないので赤穂城はダイジェスト登城みたいになったけれど、
忠臣蔵はさておき、思ってたより来てよかったと思う登城でした。

白すぎた瞬間
赤穂城

しっかし赤穂城、どこもかしこも白いわ〜(笑)


次はいよいよラスト。行きがけの駄賃で龍野城に登城しますw



*****ランキング参加しています いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング


2010.09.05 Sunday 19:45 | - | - | 近畿(兵庫県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 19:45 | - | - | - |