<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 関宿城に登城! | main | 春日山城に登城〜その2 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2020.02.14 Friday  | - | - | - | 

春日山城に登城!〜その1

[城跡] ブログ村キーワード

日本100名城32番 春日山城に登城!
謙信銅像

戦国大名では信長の次に好きな謙信のお城よ。
すぐヨロヨロするけど何が何でもたどり着いてやるわ=3
と鼻息荒く4時間ひとり車を走らせ予定通り7時前到着。

大手道から反時計回りに回るか迷ったけれど体力を考え茶店スタートでΣ(゚ロ゚;)
謙信の銅像を見て4時間睡魔と闘いながら車を飛ばして来た甲斐を感じるw

あもはこの日のためにトレッキングシューズと25リットルのリュックを買った。
いつもみたいに迷わないよう色んなサイトでルートを念入りに確認もした。
いっぱい入るリュックだから水とかおやつも入れたし少しくらい迷っても大丈夫w
そしてルートが分かりやすく出ている地図も印刷して持ってきたし準備万端!!

地図どおりでまずは一安心の瞬間
春日山神社

地図と違ってたら大変なんだけど・・今回は出だし大切。
地図を見てちゃんとひとりで見たいところ行けるって思いこむのw

謙信の銅像に続き、「毘」の旗が見えてアドレナリン大放出!!
ろくに寝てない上、ひとりなのに妙なハイテンションで足を進めます。

とりあえず参拝した瞬間
春日山神社

参拝の仕方が懇切丁寧に書かれているのでその通りに。
地元の人らしい散歩風のおっさんと並んで仲良くお参りw

さりげなく割愛した瞬間
お屋敷

春日山神社のすぐ横に「お屋敷」への通路があるのも地図通り。
謙信が普段いた場所だとか言われている郭跡があるようだけど、
少し降りたら道が細くてちょっとした藪こぎが必要そうだし蚊もすごいの!!
おまけに今は畑になっているらしいと地図にあり、今回は割愛。

すでに息切れ状態だった瞬間
登山道

まだひとつも遺構を目にしてないのにすでに息切れΣ(゚ロ゚;)

ワタクシ呼吸の仕方おかしいの? まだ登り始めたばっかなのに?

はあはあしながら「整備された」山道を登り、まずは千貫門跡に到着。

案内板をガン見の瞬間
千貫門跡

春日山城の古絵図には必ず描かれているという千貫門。
今でも門が建っていたとされる部分のみ、土塁が分断されていて、
春日山神社側からクランク状の道がここに通じている。
三方が土塁と土手に囲まれ左に二本の、一見道と思われる切通しがある。
実はこれは空堀の底で、侵入者を急峻な崖下に落とそうとしたものだろう。(現地説明板より)

はは〜ん・・なるほど〜(とはいえよくはわかっていない)

野生リスの出現にびっくりたまげた瞬間
千貫門跡 切り通し

一番奥の「一見道と思われる」切り通しに近づいていくと
左側の木からいきなりリスが飛び出してきて超〜びっくり!!
気を取り直して切通しを観察し狭いわ〜急だわ〜などと思う。

カメラを手に首をかしげた瞬間
千貫門跡 空堀

目の前にあるのはもう少し急で深い気がすんだけど・・・
撮った空堀の映るプレビューを見てのっぺり2次元な写真にがっかり。
山の凹凸を撮るには、角度や絞りなど何かコツがあるのでしょうか?

ちょっとしたミラーレスを持っていても本領が発揮されないの残念すぎ!

直江屋敷は案外、狭かった瞬間
直江屋敷

思っていたよりずいぶんとこじんまりした屋敷跡。
上下三段の郭があるんだけれど全部足しても広大とは言えない。
戦国山城の造りってこういうものなんだなと本で見たイメージとつながる。

天地人パワーいまだ炸裂だった瞬間
直江屋敷

まだ朝の7時過ぎだというのに観光さんらしき軽装の人がちらほら。
どこまで行く気か知らないけれどビーチサンダルの人もいて超びっくり!!
のんびり油断してると人が来るので写真だけ撮ってからうろうろするw

山だらけだった瞬間
直江屋敷からの眺め

天地人直江さんもこの山ばかりの風景を見たのでしょうか?
この後1段上がってお花畑を見て毘沙門堂に向かいました。

こっちの方がしっくりだった瞬間
毘沙門堂

天地人では毘沙門堂は洞窟の設定だったそうな・・・
ワタクシは大河ドラマを見ないので知らないけれど、ワタクシの中では
ずいぶん昔に見た「天と地と」のイメージが強くお堂がしっくりくる。

謙信が出陣前に籠ったという毘沙門堂。
昔の建物とは違うのだろうけれど案内板によるとこの場所は
堂跡ではあるらしいので勝手な妄想を始めるとぞくぞくするw

初のぞき行為の瞬間
毘沙門像

毘沙門道の扉は閉まっていてガラスがはめられているのだけれど、
ちょうど毘沙門天がナイスポジに見える場所のガラスが空いている。
そこへおもむろにカメラ突っ込み、ありがたい毘沙門天像の姿をパチリ!

謙信が信仰した毘沙門天の尊像は景勝とともに米沢に移り、
火災にあって傷んでいたものが昭和3年に修理された。
今、毘沙門堂の中にある尊像は、修理された時、欠け損じた
毘沙門天の一部をおなかに入れて作られた御分身なのだという(現地案内板より)

やたら堂が多かった瞬間
諏訪堂跡

毘沙門堂を過ぎると、諏訪堂跡と護摩堂跡が見えてきます。
宗教的な場所だったと言われているそうです。こじんまりとした場所。

感動ひとしおだった瞬間
春日山城本丸跡

息は切れたけどヨロヨロせず、本丸まで元気にたどりつけましたw 

隣にある天守台や井戸曲輪と合わせて実城と呼ばれるうち、
特に「お天上」と呼ばれた所で標高は城の中で最も高い180m。

謙信は普段からここで暮らすのを好んでいたとも聞くし、
ワタクシの思っている謙信も麓の屋敷より、山頂の本丸にいるイメージ。

もしかしたらワタクシが立ってる場所に謙信も立ってたかもしれないわ=3=3

ジャニーズのコンサートで○○君と目があった!という女子的なΣ(゚Д゚)!
妄想の翼を広げまくり、ひとりボルテージが上がるばかりだw

謙信が眺めた景色に大興奮の瞬間
本丸からの眺め

トレラン中らしきおっさんが来たので大人しくはしていたけど、
米山や直江津の港の見える風景を目にした時は鼻血が出そうだった。
中世の景観とほとんど変わらないと言われる風景。
出陣の前も、戦から戻った時も、雪解けを待っている時も・・・
謙信がこの風景を日々、見ていたと思うと感慨もひとしお。

濃尾平野を見て信長に思いを馳せたことはここではそっと忘れておくw

しっかし狭いねぇ・・と思った瞬間
春日山城本丸跡

よくよく見るまでもなく案外、狭い本丸跡。
狭いからこそ謙信がいたことがリアルに妄想できていいわね。
復元なり何なり建物があって御座の間ですとかってわけじゃないから
あんまり広すぎても実際いた場所とか想像つかなすぎだもの。

春日山城いい!! リアルに謙信を感じられるのがいい!!

妙な興奮状態継続中のまま、次は天守台、井戸曲輪に向かいます。


〜春日山城に登城その2に続く



*****ランキング参加しています いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング
2010.09.24 Friday 21:38 | - | - | 中部(新潟県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:38 | - | - | - |