<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 上田城にリベンジ登城! | main | 川中島古戦場へ出陣! >>

荒砥城に登城!

千曲市上山田温泉にある城山史跡公園 荒戸城に登城!


荒砥城は中世の史実に基づいて復元された戦国期の山城。
2007年にはここでNHK大河ドラマ「風林火山」のロケが行われ、
武田晴信(信玄)の初陣、海の口城攻防戦が撮影された。

当時はかなり話題で観光バスが乗りつけるほどだったようだけど・・
本当にありがとうございます! 貸切状態で登城することが出来ましたw

荒砥城は300円入場料が必要だけど入場券とパンフレットもらえるからいいよ。

頑張るまでもないと思えた瞬間


管理棟から坂道を登っていくとほどなく、路面に道標をみつけた。

すでに砥石城登山を経験してきたわたくしにとっては
舗装された坂道130mなんて隣近所に回覧板届けに行くも同然ですわ!

なぜか足取りが軽快だった瞬間


上田城でも駅まで歩いたし、足が痛いのに慣れちゃったみたいΣ(゚Д゚)!
すたすた歩いてあっと言う間に三の郭へ。柵が見えて雰囲気出てきましたよ。
このすぐ上が二の郭で積まれた石垣を見上げると櫓も見えちゃうわけ。

二の郭入り口の矢倉門に到着の瞬間


ここから入った二の郭(にのかく)と本郭(ほんか)が戦国妄想ゾーンとなりますw
同じ戦国期の城を復元した逆井城は焦げ茶で統一された渋さがかっこよかったけど、
塗りのない乾ききった質感の木も無骨で荒々しい感じがしていいわね。
平積みの石垣は立派だけどもちろん復元。でも雰囲気は十分、戦国。

きょろきょろした瞬間


二の郭まで登ってきて矢倉門をくぐると、今度は逆方向を向くことになる。
バカ面して正攻法で攻めようとすると二の郭柵向こうの内側頭上から、正面から、
そして門の上の矢倉と門の向こう側からも凄まじい攻撃を受けちゃうね。

毎度毎度一応は躊躇する瞬間


貸切のあもは横矢をお見舞いされることなく井楼櫓に無事到着。
逆井城に続き、荒戸城の井楼櫓も上まで登ることが出来るようです。
高さは逆井城よりは低めで6mくらい? しかしお約束のスケルトン仕様Σ(゚Д゚)!

逆井城のやつに登れたんだからこのくらい平気でしょ?
登らないと二の郭や本郭の全景が撮れないじゃない?
砥石城の後ろ向き降下に比べたら階段あるだけましじゃない?

今回も一応、一人脳内会議で念入りに確認し・・・

元気があれば何でもできる!だった瞬間


撮ったどぉぉぉぉぉーー!!(スケルトンな下は見ないように)
遠くを見てる分にはこのくらいの高さなら平気だわ!
同じ二の郭にある兵舎と本郭の城主の館が丸見えよ!! 柵もかっこいい。
近世城郭と違って実物にしろ写真にしろリアルを見てないけど、
戦国のお城って、山城って、砦も含めてこんな感じなんだろうと納得。

かなり調子に乗った瞬間


思い切って後ろなんかも振り返っちゃったりw
千曲川の向こうに村上義清の本城だった葛尾城の山が見える〜(にの文字の下あたり)
村上義清が救援にかけつけて信玄を撃退した砥石城に登城した後、
その本城である葛尾城が見られるのって贅沢で何だか面白い!!
まぁ登城するのは当分先・・いや、行かないかもだけどΣ(゚Д゚)!

※砥石城で相当懲りたため警戒心強いw

兵舎は2間に分かれていた瞬間


荒砥城は村上一族の山田氏が築城し、葛尾城の詰め城として機能していました。
この地を治める村上義清は信濃に侵攻してきた武田軍と戦い、上田原の合戦や
砥石崩れなどで勝利し領土を死守します。しかし砥石城が真田幸隆の調略で落城すると、
その後、攻勢に転じた武田軍によって荒砥城が奪われ、葛尾城も落城。
義清は城を捨てて越後の謙信を頼り、以降、荒砥城は武田家が滅亡するまで
上杉軍と激しい争奪戦の舞台となりました。山田城、砥沢城とも呼ばれています。

映像室の映像はあんまりイケてなかった瞬間


兵舎は映像室と展示室の2間に分かれていて映像室ではお約束の
当時の様子や城の構造なんかが説明されたアニメが見られるんだけど、
備中松山城とか鉢形城で見たのに比べると若干、物足りなさも・・。

ゆる〜い感じが地味に気に入った瞬間


1、平時は農民の暮らしで いざっ に備えも
2、いざっ で兵士に早変わり 館や山城に駆けつける
3、続々と山城にも駆けつける農兵たち
4、平時の館と戦時の山城をめぐって運命をかけた激しい争奪戦が行われる

言いたいことはわかるんだけど、ゆるーい感じでにっこりしちゃう。

念入りな防御だった瞬間


二の郭と本郭をつなぐ通路にはまずは冠木門が。
ここを突破されたらアウトだからちゃんと足止めするのは大事ね。
狭い通路を通っていくと櫓門があって二重防御で安心!
本郭の柵向こうからは通路を通利抜ける敵も攻撃できるしw

ほぼ同じだった瞬間


二の郭虎口にあった櫓門とほぼ同じ門が本郭にも。
道は狭いし門は破れないしで敵がもたもたしてたらごっそり討てるw

再びきょろきょろした瞬間


本郭櫓門の中の通路も狭いし、あえて直線にはしないのね。
こんなところ上から死にもの狂いで攻撃されたら・・((((;゚;Д;゚;))))
近世城郭も戦国の城も、やっぱりだてに「城」ではないんだと実感。

妄想の世界に浸った瞬間


史実に基づいて復元といってもどの程度なのは分からないし、
観光っぽい感じの方が強いのかもしれないけど、雰囲気は伝わるし
不自然さとかないから、それはそれで素敵だわと思う。
高いビルとかないから千曲川や葛尾城が見える風景はほぼ同じはず。
兵舎から炊飯の煙が立って、櫓や門のあたりを足軽がウロウロして・・

地味地味しいにもほどがあった瞬間


本郭内の兵舎(右)と本郭の城主の館(左)・・Σ(゚ロ゚;)ジーザス!
館といっても掘っ立て小屋よ。ふんぞりかえっていばれる感じじゃないわw
戦国の、しかも山城の館となるとこのレベルが普通なんだろうね。
しかしこの簡素さじゃ、いよいよって時は切腹する時間稼ぐのも大変だ。
本郭に入れないよう手前で必死に防がなきゃならないのもわかる気がするw

地味を通り越して殺風景すぎた瞬間


もし本当にこんな感じだったのなら申し訳程度に1段くらい
高くしてくれなくていいから、もう少し何とかしてよと思っちゃう。
陣中じゃなく一応は城なんだから。掘っ立て小屋でも城主の館なんだから。

内装は案外、新し目だった瞬間


本郭の兵舎の中はわらじをかけて「らしさ」を演出してありますw
外観は艶消しの渋い木材使っているのに建物全部内装はきれいな仕上げ。

ターゲットロックオンの瞬間


本郭の奥からは千曲川と更埴市街が一望できます。
川中島〜さぁこれから行くわよ=3=3(鼻息超荒っ)

忘れても問題なかった瞬間


入場券を買った管理棟のすぐ裏が四の郭、見るの忘れてたと思い、
帰りに寄ってみたけど・・・特にこれというものはなくww

ちなみに荒砥城って史跡公園になる前は四の郭に観音様が、
三の郭に植物園と動物園が、本郭には観覧車があったんだってΣ(゚Д゚)!
相当いじって整備したのね。色んな意味でちょっとびっくり!!


砥石城〜上田城〜荒砥城と合戦までの流れをダイジェストしたところで
次はいよいよ城じゃないけど決戦の地、川中島古戦場に行きますw



*****ランキング参加しています いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング


2010.10.07 Thursday 21:15 | - | - | 中部(長野県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:15 | - | - | - |