<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 川中島古戦場へ出陣! | main | 熊本城に登城!〜ライトアップ残念! >>

海津(松代)城に登城アゲイン!

最後に日本100名城26番松代城に登城!
今年の5月に登城したけど、せっかくだからまた来ちゃったΣ(゚Д゚)!

今回は断固、海津城だった瞬間


川中島をたどる壮大な旅?のしめくくりですものw
近くに来たらまた寄ってみたいと思う城だったこともあり・・
しかし今回は前回とは反対に北不明門側から登城することに。

季節が変わり、空の色も変わると雰囲気が変わり、また違って見えるわね!

歴史ロマン全開だった瞬間


八幡原の戦いと言われる第4次川中島合戦時には高坂昌信が守り、
信玄が入城した武田家の北信濃における最重要拠点だった海津城。

普段は登城したお城単品の攻防やエピソードを切り取った妄想が多いけど、
ひとつの合戦の背景も入れた広い視野から勉強して触れてみるのも
また違った面白さがあるのだと改めて知り、歴史ロマーンにますます熱w

でかい櫓を妄想した瞬間


復元されているのは真田10万石時代のお城。海津じゃなく松代城ね・・。
江戸時代には天守を作ることが禁止されたから松代城にも当然なく、
この櫓台跡には天守に相当した戌亥櫓があったのだという。
天守相当と言われる櫓ってどこのお城のもそこそこ立派なのものが多い。
櫓台の規模から考えて見栄えのする立派な櫓を妄想してみたり。

妻女山見切れていた瞬間


戌亥櫓跡から土塁の方角に見える稜線の右方に妻女山が見える。

今は松代城だけど気分は川中島当時の海津城のつもりで
謙信が布陣した妻女山方面を撮ってはみたものの、
帰ってきて写真をよく確認したらギリ写ってなかったΣ(゚Д゚)!

写真右側・・ちょうど妻女山になる手前で切れちゃってるのよ。。

復元はやっぱり見事だった瞬間


北不明門の枡形虎口。昔は千曲川にもっと近かったそうな。
親しまれた城主がいた地元の人に愛されてるお城って
復元整備されても無料が多くて、そこにすごくプライドを感じる。

最後の最後までよく歩いた瞬間


今日は足がダルダルなはずだけど、なんでこんなに歩こうと思えるの?
北不明門から登城して、東不明門からいったん本丸を出ます。
堀にかかる橋を渡って二の丸に出て、石場門も見に行ってみる。

気持ちまですっきりする瞬間


広い二の丸。案内板には長屋のような建物が並んで描かれていました。
立派できれいな土塁にうっとり。そして軽快なステップw

復元はここまでだった瞬間


案内板を見ると当時、二の丸の外側は外堀があって、
石場門の前が丸馬出しになっていたという。
門はきれいに復元整備されているけど後ろは普通の空き地風。
この日は消防車が来ていて何か点検していましたΣ(゚Д゚)!

観光さん待ち無用だった瞬間


こんなお天気のいい土曜日だっつうのに松代城ガラガラなんで?
今回は写真撮るのに観光さん待ちしなくていいから本当にラッキー!!
撮りたい放題なので前回とは逆の角度から念入りにパチリw

癒しの空間だった瞬間


ワタクシはもともと遠くに見える山々のある風景が好き。
名の知れた魅力的な山に囲まれた信州にあるお城って
お城を含めた風景全部が絵になるから素敵だなと思う。

今度こそ名残りを惜しんだ瞬間


二の丸南門から本丸太鼓門と前橋を見る「The 松代城」な風景。
いくらなんでも当分、もう松代城に来ることはないだろうから
雰囲気と佇まいの好きなこのお城をじっくり目に焼き付けて。。。
好きなお城って再登城しても楽しいね!(砥石城はもうこりごりよw)


朝っぱらの砥石城から始まり、歩きに歩いた川中島をたどる旅。
帰りの車で何度も足が攣り、調子に乗ったことをちょっぴり後悔w
戦ありきでお城を廻っていつもとまた違う楽しい1日でした。


ところで・・熊本城登城してきましたぁぁぁ!! 
城主として喜びの初登城の模様は近日中にアップ予定ですw



*****ランキング参加しています いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング

2010.10.10 Sunday 20:31 | - | - | 中部(長野県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:31 | - | - | - |