<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 熊本城に登城!〜ライトアップ残念! | main | 熊本城に登城!〜The熊本城を見よ! >>

熊本城に登城!〜清正を目指せ!

熊本に来る朝は4時起き、昨日は結局、午前様で2時就寝・・つらい!
しかし2日目の朝、予定通り5時起床。日の出を待って熊本城に向かうw

ホテルのフロントがまだやっていなかったので通りに出て自分でタクシーを探し、
「清正公の銅像のところまでお願いします!!」と伝え、待つこと10分。

やっと会えた瞬間


キタ━━━━ (*゚∀) (∀゚*)━━━━━━!!!!!!!!!!!!

熊本城と同じくらい見たかった清正の銅像にやっとお目見えできたわ。
戦国武将では加藤清正が一番好き。熊本城はお城としての魅力もあるし、
加藤清正が築いたこともあるから、好きが高じて一口城主になった。

じりじり迫った瞬間


朝早すぎて誰もいないから、じっくり見つめられるわねw
ああ、もう本当にかっこいい!! 1枚撮っては実物を見てうっとり。
あものイメージする清正はこの銅像がぴったりなのよ!! ときめくわ〜

さらに吸い寄せられた瞬間


何、このかっこよさ。ななめ45度も様になるわ〜言葉がないわ〜

清正は父親を早くに亡くし、9歳で秀吉の小姓になった。
賤ヶ岳の戦いで「七本槍」の1人に数えられ、以降、数々の武功を立てると、
天正16年、肥後北半国19万5000石の領主となって領地経営に力を注ぐ。
文禄・慶長の役では朝鮮に渡って主力部隊として7年間戦い続け、
関ヶ原の後、54万石の大大名となって熊本城を築城した。

勇猛で戦上手な武将であると同時に、政治手腕も築城技術もあった清正。
仁智勇を兼ね備えた感じ、あもは三国志の関羽のイメージを持っている。

地元の人に今もとても愛されているようで、タクシーの運転手さんはじめ、
熊本であった誰に聞いても次から次へと清正自慢を話してくれるw

つい先日行った上田や松代では真田自慢を直接、聞く機会はなかったけど、
真田愛にしろ清正愛にしろ、「おらが殿様」に対する地元の人の愛着って
すごいなと思うし、誇りを持って語れる城主の存在があることも羨ましい。

軽くストーカーだった瞬間


後ろ姿ももれなく撮っちゃうわよ!! ああ・・膝の上に座りたいw

清正と言えば長烏帽子形の変わり兜。70センチくらいあったとか。
兜は黒漆が塗られた上に銀箔が押され、両側面には朱で日輪。
清正は大柄だったというから、戦場でひときわ目立っただろうね。

穴が開くほど見つめた瞬間


アップでガン見・・別にリアル清正ってわけじゃないんだけどw
思慮深そうな、そして大音声が出そうな迫力のあるお顔のつくり。
銅像を作った人のセンスに感謝せずにはいられないわ!!

早くもがっかりポイントに遭遇の瞬間


清正公をたっぷり堪能した後はお城の周りを見て回ることに。
朝食に戻る8時半までの正味2時間、かつてないほど有効に使うのだ!!

清正公のすぐ後ろの川向こうに見える下馬橋跡には「熊本城」の城址碑がある。
こっちからだと大きく見えないし、近くに行くと向きが悪くて撮れない。
ズームレンズやっぱ必要〜全景で撮るとブルーシートばっかり目立ちます。。

登城宣言はあえてしなかった瞬間


印刷して持ってきていた地図を案内図を手にまずは二の丸を目指します。
行幸坂を上って竹の丸西側の入り口にあたるはぜ方門へ。

移築の長屋門であるはぜ方門は、もとは加藤神社の鳥居の位置にあったとか。

時刻は6時半。お城の中には入れないからまだ登城宣言はしないw

早くも興奮気味だった瞬間


はぜ方門の前から高石垣の上に復元の飯田丸五重櫓が見えた!
あもが立っている竹の丸との高低差は25メートルとかΣ(゚Д゚)!
これからこんな高石垣がいやってほど見られるのよ!!!!!

世界の黒沢ワールドだった瞬間


高石垣に櫓、そして堀・・・これだけで絵になるわ〜

熊本城で唯一の水堀である備前堀。あとはすべて空堀なのだそうだ。

この備前堀では黒沢明の「乱」だか「影武者」だかでロケが行われたという。
黒沢に傾倒した若き日のスピルバーグがアシスタントで参加していたと聞いている。
あもは「影武者」だけ見たことがあるけれど、だいぶ昔の10代の頃で、
あらすじと黒沢映画って難しいと思ったことしか覚えていない。
ずいぶん大人になったから、またちゃんと見てみようかななどと思う。

時短モードだった瞬間


備前堀に沿って歩いていくと西出丸の入り口南大手門が見えてきます。
この坂道は南坂と呼ばれ、藩士が左手の石垣上の奉行丸へ向かう道だったとか。

地図によると西出丸の中は有料ゾーンではないので早朝から観光OK!
仕事の後に登城できた場合も、時間がどれくらいある読めないから、
見ておけるところは今のうちに。仕事以上に効率考えてるわw

最大規模だった瞬間


櫓門形式の南大手門は平成14年に復元されたもので、
熊本城に3つある大手門のうち最大規模を誇るという。

門の目の前まで来たけれどここから西出丸に入っちゃうと
あもの計画では非効率だから中を見たい気持ちを押さえつつリターンw

まずは二の丸だった瞬間


何はともあれ、まずは二の丸駐車場を目指して進みます。

清正像〜竹の丸〜南大手門〜二の丸〜西出丸〜東竹の丸〜竹の丸

あもは朝食までの2時間でこのルートで見れるところは見ておきたいの。

二の丸駐車場の手前で奉行丸に建つ未申櫓が間近に見えた。
飯田丸五重櫓の高石垣は遠目だったから下の方がよく見えなかった。
だから石垣を丸ごと間近で見るのは着いてからこれが初めて。
本当に裾の角度が緩やかなのね〜これだけでも迫力があるわ〜

この先に進むと、いよいよ「The 熊本城 パート1」が見える二の丸!!
寝不足の上、起きてすぐ血糖値低いけどスキップしながら二の丸に行きますw



熊本城パート3に続く

*****ランキング参加しています いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング

2010.10.12 Tuesday 21:47 | - | - | 九州(熊本県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 21:47 | - | - | - |