<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 熊本城に登城!〜清正を目指せ! | main | 熊本城に登城!〜宇土櫓と石垣を堪能! >>

熊本城に登城!〜The熊本城を見よ!

るんるんでスキップしながら二の丸へやってきました。

早くもアドレナリン全開だった瞬間


きゃーー見えちゃった!! The 熊本城パート1の風景が!!
まだ「あれ」を正面から見てないのにアドレナリン大放出Σ(゚Д゚)!
まずは冗談みたいにどでかい空堀の規模を横から眺めて実感。

The 熊本城パート1の風景コンプリートの瞬間


堀の向こうに宇土櫓、小天守、大天守と3つ並んで見える熊本城。
昨日の着陸でおかしくなった耳はまだ聞こえづらい変な感じだけど、
そんな不快感も吹っ飛ぶほど、あもにとっては念願だった嬉しい風景。

朝早く起きてよかった・・嬉しさで血が逆流するような感覚w

積み直しでも復元でもなんでもよかった瞬間


西大手門から延びる長塀は平成16年に復元された。
狭間や石落としが並んで復元でもずいぶんと雰囲気がある。
長塀の建つ石垣は長さ165メートル。明治時代に撤去されたものを
昭和45年から4年かけて積み直したもので、そこに建つ二層三階の
戌亥櫓も木造で復元されている。これがあるとないとじゃ・・・
空堀なんかはそのままだからしっくり馴染んで素敵すぎるわ。

危なかった瞬間


二の丸から北大手門跡の道には「お城まつり」ののぼり旗が。
もし今日、熊本に来て仕事をし、泊まった翌日の土曜の休みを使えば
熊本城が見れる的な日程だったら、時間はあっても厳しかったわね・・。
熊本城、ただでさえ近頃は首里城も抜いて登城者数No1の大人気だし。

難攻不落の一端を担っていた瞬間


北大手門跡から入ると西出丸。南大手門で入らず取っておいたところ。
清正が「西から攻撃されてもここだけで百日は持ちこたえられる」と
豪語したという屈強な曲輪。あのメガ空堀にあの石垣に囲まれてりゃねw
石垣の裏に積みなおした部分も含め、等間隔に武者走りも。

西出丸は米蔵や御銀所など藩の役所が集中している場所だったそうだ。
蝋の原料となるハゼの実を管理する櫨方(はぜかた)の役所もここにあり、
さっき備前堀の手前で見た「はぜ方門」は、当時の櫨方役所の入り口にあった
長屋門が移築されたものなのだという。(加藤神社がある場所が櫨方だった)

清正にお参りの瞬間


その名の通り、熊本のスーパースター清正を主祭神としている加藤神社。
県内にはこの他にも清正が祀られた神社が36ほどもあり、
なんとハワイや韓国にも分霊社があるんだとか・・ワールドワイドなカリスマねw
清正関連のものがいくつかあるというのでお参りがてら見学することに。

あんまりピンと来なかった瞬間


左は太鼓橋と大手水鉢。太鼓橋は清正が文禄の役の記念品として持ち帰ったもので、
大手水鉢は熊本三手水鉢と言われ、清正公の重臣大木氏の屋敷で使われていたという。
右は清正公の旗立石で文禄の役の記念品として肥前名護屋城より移したものだそうだ。

ふうん・・・で、熊本三手水鉢っていったい何? 

あんまりイケてなかった瞬間


加藤神社の中に「熊本城近望の名所」という看板の立った場所がある。
宇土櫓を見ぬふりをして後の楽しみに取ってあるあもにとってはチラリズムw
隣の宇土櫓から続く石垣と天守が見えるナイススポットではあるのだけれど・・

神社から生えてる木の枝がめっちゃ邪魔なんすけど(´Д`)

ちなみに天守方面は木の枝がもっとかぶってお話にならず残念。
これ以上いると楽しみに取ってある宇土櫓の全貌が丸見えてしまうので、
なるべく下の方を見ないようにチラリズムにとどめ、先に進むことに。

じらしプレイ徹底だった瞬間


自分を焦らすって・・SなのかMなのかはっきりしない人ねΣ(゚Д゚)!

断固、宇土櫓は見ないように加藤神社を出て正面の戌亥櫓へ。
二の丸を歩いた時は巨大な空堀越しに見えたけど今度は内側から拝見。
新しいから遠目で見る方が雰囲気あるけど控柱なんかもちゃんとあるのね。

宇土櫓さらに遠ざかった瞬間


戌亥櫓から長塀沿いにあるいて通りぬけていない大手門方面へ。
北大手門は西出丸に入ってくる時通った枡形が残っているだけだけど、
西大手門と南大手門は復元され2つ並んで堂々とした佇まい。

一応、中からも・・だった瞬間


さっきは入らず、南坂から見て通らなかった南大手門。
くぐると外に出て振り出しに戻っちゃうから見るだけでw

端を通るのが慣習だった瞬間


二の丸に続く西大手門も木造で復元されたもの。
細川初代藩主・忠利が熊本に入った時、この門前で駕籠を降り、
謹んで肥後54万石を拝領仕りますと述べ、深く頭を下げると、
かぶっていた冠の先が敷居の中央に当たったので、登城する藩士は
以降、門の橋を通るようにしていたのだという。微妙にめんどいねw

The 熊本城パート2だった瞬間


今度は二の丸からと違って長塀のない西出丸内からのダイレクトバージョンw
買って作ろうか迷っている熊本城プラモデルが色濃く頭に浮かんでくるわ〜
上手に作って部屋に置いたら、今日の感動がきっと永遠に残るよ。

早起きは三文の得どころかプライスレスだった瞬間


結果、午後には時間が出来て熊本城登城はかなったのだけれど、
もし朝来ていなければ「The 熊本城」はこんな感じでしたのよ・・ヽ(`Д´)ノキー!

城に行くとブルーシートやパイロンなど1つ2つはがっかりポイントがあるもんだけど、
誰もが絶対写真撮る位置に置かなくてもいいもの置く無神経はやめて!!

天気はいまいちだけど降るか降らないかと言われながら頑張ってるし、
早起きしたおかげで人はまったくいないし、がっかりポイントもないし、
ここでようやくチラリズムのみで粘った宇土櫓を拝みに行くことにしますw

宇土櫓を堪能編はこちらから



*****ランキング参加しています いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング
2010.10.13 Wednesday 20:49 | - | - | 九州(熊本県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 20:49 | - | - | - |