<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 円光院にて三条夫人と信玄のお墓参り | main | 甲府城に登城!〜本丸 >>

甲府城に登城!〜曲輪編

日本100名城25番 甲府城に登城!

と思いきや、まずは甲府駅前に信玄像を見にいっておく。

どっしり腰の据わった貫禄だった瞬間


ド迫力!! さすが、動かざること山の如しΣ(゚Д゚)!
川中島古戦場の謙信との一騎打ち像同様、やっぱ濃いわぁw

甲府城は甲府駅前にあり、車は基本的に有料駐車場を利用するから、
ちょうど信玄像がある側なのでぜったいに忘れず見るべし!

甲府城に登城!宣言の瞬間


甲府城って有力大名がいたわけでも、大きな合戦に登場したわけでもなく、
途中で甲府勤番支配なんかにもされマイナーな印象だけど、石垣が素敵なお城よw

いざ城内へ!の瞬間


内松陰門(うちまつかげもん)より入城し、曲輪跡を見ながら本丸に向かう。

屋形曲輪と二の門をつなぐ門で、明治の初めまで残っていたものを
絵図や発掘調査の結果をもとに平成11年に復元されたそう。
今は線路で山手御門と甲府城は分断されてしまったものの当時は
今の甲府駅や山梨県庁付近にも曲輪があり、20haにも及ぶ大城郭だったという。

ちなみに地図を後で確認してみたら今の県庁のあたりが楽屋曲輪、
甲府駅のあたりが清水曲輪、その間が屋形曲輪だったらしい。

チラリズムに興奮の瞬間


内松陰門をくぐるとさっそく本丸の高石垣が見えてきました。
が、まずは二の丸方面に向かい、武徳殿横を抜けて坂下門跡に向かいます。

甲府城は天正10年(1582)の武田氏滅亡後、甲府領を手に入れた家康の命を受けた
平岩親吉により築城開始されたが、完成前に家康は関東転封。
秀吉の支配となった天正18年(1590)より秀吉の甥である羽柴秀勝が入封し、
以降、加藤光泰、浅野長政・幸長と領主が変わり、浅野時代に完成したと言われる。
別名は舞鶴城。築城当時は甲斐甲府城、府中城とも呼ばれたという。

石垣の積み方を見比べる瞬間


坂下門跡は二の丸虎口。正面奥と右手前の石垣の積み方が違うの。
手前は甲府城築城期の野面積みの石垣、奥は柳沢吉保時代の石垣。
隙間ない方がいいんだろうけど、ワタクシは野面積みが好きよ。

ここから天守曲輪には向かわなかった瞬間


鍛冶曲輪と楽屋曲輪をつなぐ門で平成8年に復元されたもの。
鍛冶曲輪門は高麗門ではなく四脚門で、当時は今はなき大手門からこの門を通り、
今見てきた坂下門から天守曲輪へ向かうのが登城ルートだったそうだ。

しかし、ワタクシは本丸を最後にしたいので恩賜林記念館でスタンプをもらい、
管理事務所の前を通ってお城の全体がよく見える南側・・・遊亀橋に向かいます。

いち、に、さん 段ー!! だった瞬間


ふざけてごめんなさい・・一二三段の石垣と天守台が素敵なものでw

当時の大手門はさっき見た鍛冶曲輪門のもっとずっと左下の方で
この遊亀橋は全然違うんだけど、そのこと知らずにこの風景を見ると、
普通に勘違いしちゃいそうなくらい堂々たるものよw

秘密には見えなかった瞬間


稲荷門へ続く道の途中で見ることのできる水溜。
パンフレットには「絵図にも書かれていない秘密の水溜」と書いてあるけど
道端に、しかもこんなに堂々とΣ(゚Д゚)!・・単なる書き忘れだったりw

切り方はわからなかった瞬間


石垣を積む時には石集めに苦労することが多いらしいけれど、
甲府城は敷地が岩山だったので城内から石が切り出されたそうだ。
石切場跡が見られるのは面白く見ればなるほどと思うけれど、
どんな大きさでどんな切り方したのか、あもには全く想像がつかない。

お高級だった瞬間


稲荷門は稲荷曲輪と鍛冶曲輪をつなぐ門で、享保の火災でも焼けず、
明治初年までは残っていたものが平成11年に復元されたそうだ。
噂によると復元に数千万円かかっているとかいないとか・・Σ(゚ロ゚;)

工事中が多すぎた瞬間


今は自由広場になっている鍛冶曲輪の大部分は工事中で立ち入り禁止。
最初に見た坂下門跡の先も鉄門復元工事中で立ち入り禁止ゾーンが。
モラリストあもはそのまま鍛冶曲輪から数寄屋曲輪の櫓跡に向かいます。

上から眺めてみた瞬間


立ち入り禁止じゃなければ櫓台のすぐ下まで近くで見れたのに残念。
数寄屋櫓(別名巽櫓)は明治まで残っていたことが確認されているらしい。

何だか雑だった瞬間


・・右側はやけに雑な感じがするけどΣ(゚Д゚)!
この部分以外、数寄屋曲輪の石垣はぴっちり隙間ないのが多い。

謎だった瞬間


|д゚) ・・・・・ジーーーッ

なに、この穴・・甲府城、案内板が充実してるから
水抜きとか何か理由がある穴なら説明がありそうなものだけど。
目線の位置に、そしてここにだけある穴・・あもにとっては謎だ!

ビューティフォーな本丸に近づいた瞬間


数寄屋曲輪から稲荷櫓のある広場に出てきました。目指す本丸は目の前! 
しかしまだ稲荷櫓→稲荷曲輪を先に見るため、今回もじらしプレイ続行ですw
正面の庄司稲荷跡を見て(現在は移転して遊亀橋の東側)いざ稲荷櫓へ!!

ここも工事中だった瞬間


・・・またか!!

なんか最近、修築中にばっかり遭遇してる気がするわヽ(`Д´)ノキー!
ここの出入りできると稲荷櫓の外側見に行くショートカットできるんだけど・・

さいわい稲荷櫓は問題ないので気を取り直して見学と行きます!

甲府城に登城!〜本丸編に続く



*****ランキング参加しています いつも応援ありがとう♪*****

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へにほんブログ村


歴史ブログランキング
2010.10.24 Sunday 16:02 | - | - | 中部(山梨県) | 

スポンサーサイト

2020.02.14 Friday 16:02 | - | - | - |